もうすぐ十五夜 幼児と楽しむレシピ公開

10月1日(木)は十五夜♪

今月のオンライン食育広場で大好評だった
野菜嫌いさんももりもり食べる魔法のレシピをご紹介いたします!

◆◇かぼちゃのお豆腐白玉◇◆

<材料>
 ・絹ごし豆腐 150グラム
 ・白玉粉   110グラム
 ・かぼちゃ   80グラム
  ※冷凍でもOK!
   皮は剥いてくださいね。
 トッピング用
 ・きな粉   大さじ1
 ・砂糖    大さじ1
 ・食塩    ひとつまみ

 

<お道具>
 ・かぼちゃを潰すボウル
 ・マッシャー
 ・丸めた生地を並べるバット
 ・ジップロック(これで混ぜます)

 ・お鍋(茹でるときに使います)
 ・氷水
 ・網じゃくし

 

つくり方は簡単な5ステップ

1.かぼちゃを潰す

茹でたかぼちゃをマッシャーやすりこぎなどを使って潰す作業・・・
手しごと好きなお子さまは、率先してやってくれます。
ここで肝心なのは使いやすいお道具です。
マヴィのおうちでは、子どもの手に馴染みやすいサイズの
無印良品のステンレスマッシャー(小)を使用しています。

生かぼちゃなら、
600Wレンジで2分程度温めると潰しやすいかたさになります。

冷えているとかたくなるので、熱々のうちに潰しましょう!
かぼちゃの香りが広がってきます。


2.生地を混ぜる

チャック付き袋を使って揉み込むように混ぜると
周りも汚さず、手が汚れることを嫌がるお子さまも楽しめます。
とはいえ、お子さま一人で混ぜ切るのは大変です!
ぜひ、親子で対話をしながら、交互に感触の変化を楽しんでください♪


3.生地を丸める

生地が混ざったら、小さく丸めてバットに並べます。
チャック付き袋の角を切って絞り出してもよいですし、
スプーンですくってもよいですね!
ここは、お子さまが「今」好きな活動につなげたいところです。
バットに並べたら
火を通りやすくするために、真ん中をちょっと潰しましょう。
このときに、力の加減も学べますね!


4.茹でる

沸騰したお湯の中に丸めたお団子を入れていきます。
火傷の危険もあるので、おうちの方が主役となって作業してくださいね!
とはいえ、茹でている様子はぜひお子さまと共有してください。
沈んでいたお団子が浮いてきたら茹で上がりのサインです。
氷水に取って冷やしましょう。

一緒に観察していると、
「どうして浮いてくるの?」
なんて問いがお子さまから溢れ出てきそうですね。
密度や比重のお話をどうやって伝えるか・・・
一緒に調べてみてもよいですね。
大人も学びのチャンスです!


5.盛りつける

自由に盛りつけます。
トッピングのきな粉は、自分でお砂糖やお塩と混ぜてもらいます。
味付けされたきな粉しか知らないなんてもったいないですね!
きな粉はどんな味?
お砂糖入れるととても甘くなるね!
お塩をひとつまみ入れると味は変わるかな?
そんなちょっとした体験が、その後の世界を広げてくれます。

 

オンライン食育広場では、
お月見の手あそび歌なども取り入れて楽しみました♪

おうちでは、満月にちなんだ絵本などを読んでもよいですね!

十五夜は、日本文化をお伝えするチャンスです。
ぜひ、ご家族で楽しくお過ごしください。

 


次回のオンライン食育広場
10月31日(土)10:30-11:30
「ハロウィンのかぼちゃブレッド」をつくります。
お申込はこちらから

コメントを残すにはログインしてください。