★Column_11月1日

Columns

コラム(考え方)

「ご家庭にモンテッソーリ教育のエッセンスを楽しく取り入れ、台所を拠点に「食」を通じて親子で楽しく学ぶための豆知識を配信いたします。

おうちモンテコラム:毎月1日配信

column...①おうちモンテコラム

★2020年11月1日★

スモールステップで巧緻性を育む

「巧緻性」とは、手先の器用さ、手指を自由に使いこなす力のことです。

指先は「第二の脳」とも言われているくらい末梢神経が集中しているため、指先を使うことは脳の発達に密接に関わっています。

小学校受験では以下のような「巧緻性」を見る試験が課せられることも少なくありません。

「切る」「貼る」「折る」「塗る」「結ぶ」「巻く」「通す」「丸める」「包む」「ちぎる」

大人からすると難なくこなせる基礎的な活動も、小学校入学前の幼児にとっては簡単なことではありませんね。少しずつ練習を重ねて、できるようになっていくプロセスが求められます。

「巧緻性」を育むことの大切さは、受験のためだけではありません。

手指の「巧緻性」は、小学校入学以降の学習への取り組み意欲に関連するという報告もあるのです。

学習を楽しむためにも大切な「巧緻性」は、幼児期から無理なく育みたいですよね。

離乳食が進んでくると、少しずつ「手づかみ食べ」が始まりますね。

視覚で捉えた食材を手でつかみ、硬さや感触、温度などを感じながら「一口の量」や「噛む力加減」などを身につけていきます。汁ものをひっくり返したり、食べるものを投げたりと困った行動も多いこの時期ですが、自由に動く手を準備している姿ですので、見守ってあげたいものです。

一方で、「手づかみ食べ」が大切といっても、無理強いは禁物です。

「手づかみ食べ」が苦手なお子さまは、手に食材がくっつく感覚が苦手な場合も多いようです。

ご飯はのりを巻いてスティック状にしたり、柔らかいお野菜スティックを用意するなど、どんな工夫をしたらお子さま自身が進んで「手づかみ食べ」を楽しめるか、色々と試してみてください。

一番大切なことは、親子で楽しむことです。

試行錯誤しながらお子さまとコミュニケーションを深めることが、安心・安全の基地の土台となります。このとき、「手指を使わせる」という気持ちではなく、どんな活動だったらお子さまが進んで手指を使いたがるかを最優先に考えてみることがポイントです。

「パパやママのようにお箸が使えるようになりたい」「ボールペンを使いたい」と、お道具を使うことにも少しずつ興味が湧いてきます。

最初はうまく使えずにイライラしたり、危険な使い方をして怒られたりと、お道具の取り扱いに親子でストレスを感じる時期かもしれません。

こんなときは、少しずつお子さま専用のお道具の準備を始めてみましょう。

持ちやすいバターナイフと、小さなまな板があれば、「おやつのバナナを自分で準備する」環境を整えることができます。

「自分でする!」という意欲に満ちたお子様にとって、自分で切ったバナナは格別の美味しさのようです。

最初は、二人羽織のように後ろからそっと手を添えて、自分で切る感覚を味わってもらうところから始めましょう。

体の発達は、内側から外側に向かっていくため、最初は肩を動かして切ろうとするかもしれません。肩・肘・手首の順に安定していくプロセスを感じて、お子さまの変化を楽しんでください。

手指が洗練されるのは、手首が安定してからです。焦らず、ゆっくりとお子さまのペースを見守ってくださいね!

201101バナナを切る_イメージ画像

バターナイフを選ぶポイント

長すぎず握りやすい持ち手のもの、ナイフの刃とみねが見た目でわかりやすいものがおすすめです。

バターナイフ用のまな板を選ぶポイント

大きすぎず、適度な重さと厚みのあるもの、運びやすくしっかりとしたものがおすすめです。

オススメのまな板:木製カッティングボードS(ボヌール)

★2020年10月1日★

台所モンテのすすめ​

教育改革によって、今年の春から小学校で新しい学習指導要領でのカリキュラムがスタートしました。

この改革の基礎にある考えは、これからの教育は、私たち大人が知っている知識を伝授するだけでは不十分ということです。

改革前の教育を受けてきた私たちに、何ができるのでしょうか?

グローバル化、情報化が進み、ますます複雑化していく社会では、与えられた知識や流れてくる情報の活用だけでは成り立ちません。

一人ひとりが自分のもつ力を存分に発揮し、他者と目標を共有して知恵を出し合い、良さを生かし合い、より良いものや新たな価値を創造するようなことが求められる時代です。また、人工知能などの技術革新に伴い、知識などの「認知的能力」よりも、「非認知能力」に対するニーズが高まってきました。

「非認知能力」とは、読み・書き・計算などの「認知的能力」ではない力、IQなどのように数値で測れない能力のことをいいます。例えば、やり抜く力、自己肯定感、他者への配慮、コミュニケーション能力、創造力、論理的思考力、集中力などが該当します。

そもそも、「非認知能力」という概念が世に知られるようになったきっかけは2000年にノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・J・ヘックマン教授らによる40年間の追跡調査「ペリー就学前教育プロジェクト」という研究からでした。

それによると、いわゆる暗記型の「早期教育」を行って高いIQを得たとしてもそれは短期的なものだというのです。数年後には早期教育を受けなかった子に追いつかれることが明らかになりました。

さらに、幼児期に質の高い教育・保育を受けて「非認知能力」を育んだ子どもは思春期以降の基礎学力だけでなく、成人してからの仕事や生活へも高い成果を得ていました。それはもう、幼児期に「非認知能力」を育まないわけにはいきませんよね!

「非認知能力」は普段のあそびや生活の中で育むことができます。

必要なことは、その子自身が好きなことに夢中になれる環境と、それを尊重してもらえる経験です。

モンテッソーリ教育でも尊重している「自分でできるようになりたい」という意欲をサポートすることが「非認知能力」を育むことにつながるのです。

幼児期の子どものおうち時間は、保護者のサポートが不可欠ですね。

その保護者が長く過ごす場所は「台所」ではないでしょうか?

台所しごとを見ているだけでも、子どもは「段取り」を学んでいます。

取り扱う食材は、全て本物です。

自然で美しい色や形、様々な感触、香り、味わい・・・

たくさんの五感刺激も楽しめます。

生きる力の基礎である「食」をつくる「台所」は、子どもたちにとって魅力的な場所なのです。

「マヴィのだいどころ」は、台所を拠点にした「お子さまとの学び」を楽しむためのお役に立ちたいと思っております。

プロフィール

まーりんコラム

モンテッソーリ教室 マヴィのおうち

代表 桑原眞理子

 

・日本モンテッソーリ教育綜合研究所認定 3−6歳教師

・日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ     

大学卒業後、食品メーカーを中心に商品開発·マーケティング職に従事。「こども哲学」との出会いをきっかけに子どもの斬新な発想に魅せられ、子どもの力を社会に届けたいという想いからモンテッソーリ教育を学ぶ。幼児期の経験がその後の人生の基盤となることから、モンテッソーリ教育のエッセンスをご家庭に楽しく取り入れていただくための情報発信・コミュニティづくりに取り組む。

コメントを残すにはログインしてください。