★Column_2021年1月

Columns

コラム(考え方)

「ご家庭にモンテッソーリ教育のエッセンスを楽しく取り入れ、台所を拠点に「食」を通じて親子で楽しく学ぶための豆知識を配信いたします。

おうちモンテコラム:毎月1日配信

column...①おうちモンテコラム

★2021年1月1日★

食材のお買いものは学びの宝庫

スーパーマーケットは学びの宝庫です。

お子さまと一緒に店内に入ったら、知っているお野菜や果物を一緒に探してみてはいかがでしょうか?色の名前を覚え始めたら「緑色のお野菜はどれかな?」と探してもよいですね。

ものの名前と実物が一致するということは、区別できるということです。知性の原点は「区別」から始まります。区別ができるようになると、得意げになって「同じだね」を見つけることを楽しみ始めます。

そうやって素材に親しんでいくうちに、「これは大きいね」「太いね」「長いね」「重いね」・・・コミュニケーションを通して、量の概念楽しむこともできるようになっていきます。手を使って比べたり、分けたり、集めたり、合わせたりしながら、数学的精神を育んでいきます。

素材をしっかりと認識できるようになってきたら、プチおつかいを頼んでみましょう!

最初は、指定したものをカゴに入れてもらうところから始めて構いません、お題は具体的でシンプルなものから、徐々に抽象度を高めていきます。

もし間違えても叱らずに!!なぜそうなったのかを聞きながら、臨機応変に対応する余裕が大切です。

「洗う」「皮をむく」「叩く」「擦る」調理の下ごしらえなどにも、幼児期のお子さまができることはたくさんあります。そして、何でも自分でやりたがりますね。

ストレスなく手伝ってもらうために大切なことは、作業の一部分を切り取ることと、親子で役割分担をすることです。

例えば、2歳前後のお子さまは、水道に興味津々・・・

ずっと張り付いて、お水に触れることに夢中になるお子さまなら、お芋を洗うおしごとを任せてみるてはいかがでしょう。

吸水性のあるマットの上に、お水が入ったボウルと空のボウルを並べます。お水の中に入れたお芋を手で擦って洗い、空のボウルに入れるという一連の流れを見せ、同じようにやってもらいます。

お水を溢してしまうかもしれませんね。だから、吸水性のよいマットや布巾を用意します。溢してはいけないのではなく、溢したときに対応できればよいのです。

洗うことより注ぐことに興味を持つのであれば、今は洗うおしごとの時期ではないのかもしれません。注ぐ動きを獲得したい時期なら、それができる環境を準備すればよいのです。

そうやって、素材にふれ、それが調理されていくプロセスを側で見て、家族で美味しくいただく実体験が、自分で考えたり、感じたりする力を育みます。

手しごとを楽しむようになったら、自分で着用しやすい「エプロン」と「三角巾」を準備することをお勧めします。活動の動機づけや、食材を扱うときに大切な「清潔」の意識づけにも繋がりますね。

ここで大切なことは「自分で着用しやすい」工夫です。結ぶことができる前のお子さまであれば、伸び縮みするゴムやマジックテープを活用して、自分でやってみようと思える配慮をしてみましょう。やり方さえ分かれば、自分で身につけて準備を整えることができるようになっていきます。

詳しい工夫は「おしごとキャビネット」をご覧ください。

IMG_0860_Original

プロフィール

まーりんコラム

モンテッソーリ教室 マヴィのおうち

代表 桑原眞理子

 

・日本モンテッソーリ教育綜合研究所認定 3−6歳教師

・日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ     

大学卒業後、食品メーカーを中心に商品開発·マーケティング職に従事。「こども哲学」との出会いをきっかけに子どもの斬新な発想に魅せられ、子どもの力を社会に届けたいという想いからモンテッソーリ教育を学ぶ。幼児期の経験がその後の人生の基盤となることから、モンテッソーリ教育のエッセンスをご家庭に楽しく取り入れていただくための情報発信・コミュニティづくりに取り組む。

コメントを残すにはログインしてください。