Columns

台所モンテの知恵袋

「ご家庭にモンテッソーリ教育のエッセンスを楽しく取り入れ、台所を拠点に「食」を通じて親子で楽しく学ぶための豆知識コラムを配信いたします。

台所モンテコラム:毎月1日配信

column...①台所モンテコラム

★2021年2月1日★

トイレットラーニングについて​

今月は、多くの保護者さまが悩む「トイトレ」についてお話させていただきます。

一般に「トイレトレーニング(トイトレ)」と呼ばれている「おむつ外し」
すんなりおむつを卒業するお子さまもいる一方で、苦戦を強いられストレスを抱えるご家庭も多いですね。
排泄の自立のための学びを、モンテッソーリ教育では「トイレットラーニング」と呼んでいます。
訓練して教わる「トレーニング」ではなく、自ら排泄をコントロールすることを学ぶものだからです。
そもそも生きものは、開放空間で排泄する能力を持って生まれてきます。
人間は、大人の都合によって、おむつの中で排泄することを学習させられていると言えるかもしれません。
排泄という生理現象を、五感で認識していれば、溜める感覚が育まれていきます。
でも、おむつ内での排泄によって開放空間での排泄の感覚を失ってしまうと、排泄を認識し辛くなってしまいます。
だから、おむつの外(開放空間)で排泄することを再学習する必要があるのです。

経済発展が遅れている地域では、0歳からおむつをほとんど使わずに動物として自然な排泄をして育っています。
そういった国では、1歳半~2歳ごろには排泄が自然に自立しているといいます。
一方で、日本や欧米ではおむつ外し年齢が年々上昇しています。
欧米のとある小学校では、1年生クラスの3分の1がパンツタイプの紙おむつをはいていたというお話も聞きます。

排泄の自立には、4つの条件がそろう必要があります。
①運動能力の発達により、自立歩行ができる
②排泄を認識し、「ちっち」「うんち」など教えることができる
③内臓感覚の発達により、溜めることができる(排尿間隔が2時間以上が目安)
④社会性の意識の発達により、「トイレで排泄する」というルールが分かる
紙おむつの性能がよくなり、排泄を認識し辛くなると、溜める感覚も発達しにくくなるため、排泄の自立が遅れる原因になっています。さらに、おむつという閉鎖空間での排泄に慣れてしまうと、開放空間で排泄することに難しさを感じてしまうことも多いようです。コンテンツを切り替え

おむつの外で排泄することは、排泄という生理現象の対処を学び直しているということを心に留めてあげてください。
特に月齢が上がり社会性の意識が発達してくると、本当はトイレでしたいのにうまくできないからと、トイレに行きたがらないことも出てきます。大人サイズのトイレがやりにくいのであれば、おまるでもよいですね。座って排泄する練習です。
また、「おもらし」は学びのプロセスであるという意識も大切です。濡れて気持ちが悪い感覚(触覚)、濡れた見た目の変化(視覚)、臭い(嗅覚)など五感で感じながら、排泄を認識していきます。
おむつを外すなら夏がおすすめと言われることも多いのですが、お子さまに適した環境はそれぞれです。あまり決めつけず、保護者さまとお子さま自身が取り入れやすいタイミングにチャレンジすることをお勧めします。

IMG_3920_Original

★2021年1月1日★

食材のお買いものは学びの宝庫

スーパーマーケットは学びの宝庫です。

お子さまと一緒に店内に入ったら、知っているお野菜や果物を一緒に探してみてはいかがでしょうか?色の名前を覚え始めたら「緑色のお野菜はどれかな?」と探してもよいですね。

ものの名前と実物が一致するということは、区別できるということです。知性の原点は「区別」から始まります。区別ができるようになると、得意げになって「同じだね」を見つけることを楽しみ始めます。

そうやって素材に親しんでいくうちに、「これは大きいね」「太いね」「長いね」「重いね」・・・コミュニケーションを通して、量の概念楽しむこともできるようになっていきます。手を使って比べたり、分けたり、集めたり、合わせたりしながら、数学的精神を育んでいきます。

素材をしっかりと認識できるようになってきたら、プチおつかいを頼んでみましょう!

最初は、指定したものをカゴに入れてもらうところから始めて構いません、お題は具体的でシンプルなものから、徐々に抽象度を高めていきます。

もし間違えても叱らずに!!なぜそうなったのかを聞きながら、臨機応変に対応する余裕が大切です。

「洗う」「皮をむく」「叩く」「擦る」調理の下ごしらえなどにも、幼児期のお子さまができることはたくさんあります。そして、何でも自分でやりたがりますね。

ストレスなく手伝ってもらうために大切なことは、作業の一部分を切り取ることと、親子で役割分担をすることです。

例えば、2歳前後のお子さまは、水道に興味津々・・・

ずっと張り付いて、お水に触れることに夢中になるお子さまなら、お芋を洗うおしごとを任せてみるてはいかがでしょう。

吸水性のあるマットの上に、お水が入ったボウルと空のボウルを並べます。お水の中に入れたお芋を手で擦って洗い、空のボウルに入れるという一連の流れを見せ、同じようにやってもらいます。

お水を溢してしまうかもしれませんね。だから、吸水性のよいマットや布巾を用意します。溢してはいけないのではなく、溢したときに対応できればよいのです。

洗うことより注ぐことに興味を持つのであれば、今は洗うおしごとの時期ではないのかもしれません。注ぐ動きを獲得したい時期なら、それができる環境を準備すればよいのです。

そうやって、素材にふれ、それが調理されていくプロセスを側で見て、家族で美味しくいただく実体験が、自分で考えたり、感じたりする力を育みます。

手しごとを楽しむようになったら、自分で着用しやすい「エプロン」と「三角巾」を準備することをお勧めします。活動の動機づけや、食材を扱うときに大切な「清潔」の意識づけにも繋がりますね。

ここで大切なことは「自分で着用しやすい」工夫です。結ぶことができる前のお子さまであれば、伸び縮みするゴムやマジックテープを活用して、自分でやってみようと思える配慮をしてみましょう。やり方さえ分かれば、自分で身につけて準備を整えることができるようになっていきます。

詳しい工夫は「おしごとキャビネット」をご覧ください。

IMG_0860_Original

★2020年12月1日★

2020年は教育改革の年です。

新型コロナウイルス感染症一色の一年だったように感じる2020年も残りわずかですね。

そんな2020年は、新しい学習指導要領が適用された「教育改革の年」でもありました。

「学習指導要領」とは、全国である程度の水準の教育を提供することを目的として、文部科学省が定めているカリキュラムのことをいいます。この学習指導要領をもとに、時間割や教科書の内容が決められます。

今回導入される学習指導要領では、「生きる力」のその先の力を育成する「社会に開かれた教育課程」を実現するために主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)が重要視されるようになりました。

そもそも幼児期の子供たちは、自分がやりたい、自分でできるようになりたいという意欲に満ちています。

この、できるようになりたい、わかるようになりたいという意欲が、後の学びの姿に直結します。

でも、最初は一人ではできません。一人でできるようになるためには、適度なサポートが必要なのです。大人の出番ですね。では、適度なサポートとは何でしょうか?

「まだできないから」「子どもがやると後で大変だから」と、先回りをして大人が代わりにやってしまうと、いつまでたっても自分でできるようになりません。

そうするうちに、「どうせできないから」「大人が代わりにやってくれるから」と、意欲は萎んでいってしまうのです。

「敏感期」とは、幼児期におけるある特定の事柄に対して強い感受性が表れる、特定の時期のことをいいます。「敏感期」にある内は、その特定の事柄は、簡単に吸収されるのですが、その時期が過ぎるとその感受性は消えてしまいます。ですから「敏感期」に適した環境づくりはとても大切です。

同じことを何度も繰り返したがるお子さまの姿を見て、「一体、何がおもしろいの?」「この子大丈夫かしら?」「いい加減にして欲しい…」なんて思ってしまうことありませんか?

でも、そこに敏感期が隠れているとしたら見逃せませんよね。

この時に大切なことは、目の前のお子さまはその活動のどの部分に魅力を感じているのか、何ができるようになりたいのかということです。それを知るためには、普段からお子さまをよく観察する必要があります。

例えば、コップをよくひっくり返す時期のお子さまの姿…

お水が注げるようになりたいのかもしれませんし、手首を返す動きを洗練させたいのかもしれません。お水がピチャピチャとはじける様子や音が楽しいのかもしれません。中のお水を触りたいのかもしれません。

やって欲しくないことであれば、普段の観察を頼りに仮説を立て、魅力的な部分が体験できる代案を提供すればよいのです。

発達には順序性や方向性があるので、ある程度の予測は立てられます。でも、目の前のこの子の敏感期は、他の誰とも違うのです。集中して楽しんでいるのであれば、邪魔をせずそっと見守ることも大切です。

ひとりひとりの敏感期に合った環境をつくるためには、他人との比較は意味を成しません。

幼児期に個を尊重された経験は、主体的・対話的で深い学びにつながっていきます。

IMG_5481

★2020年11月1日★

スモールステップで巧緻性を育む

「巧緻性」とは、手先の器用さ、手指を自由に使いこなす力のことです。

指先は「第二の脳」とも言われているくらい末梢神経が集中しているため、指先を使うことは脳の発達に密接に関わっています。

小学校受験では以下のような「巧緻性」を見る試験が課せられることも少なくありません。

「切る」「貼る」「折る」「塗る」「結ぶ」「巻く」「通す」「丸める」「包む」「ちぎる」

大人からすると難なくこなせる基礎的な活動も、小学校入学前の幼児にとっては簡単なことではありませんね。少しずつ練習を重ねて、できるようになっていくプロセスが求められます。

「巧緻性」を育むことの大切さは、受験のためだけではありません。

手指の「巧緻性」は、小学校入学以降の学習への取り組み意欲に関連するという報告もあるのです。

学習を楽しむためにも大切な「巧緻性」は、幼児期から無理なく育みたいですよね。

離乳食が進んでくると、少しずつ「手づかみ食べ」が始まりますね。

視覚で捉えた食材を手でつかみ、硬さや感触、温度などを感じながら「一口の量」や「噛む力加減」などを身につけていきます。汁ものをひっくり返したり、食べるものを投げたりと困った行動も多いこの時期ですが、自由に動く手を準備している姿ですので、見守ってあげたいものです。

一方で、「手づかみ食べ」が大切といっても、無理強いは禁物です。

「手づかみ食べ」が苦手なお子さまは、手に食材がくっつく感覚が苦手な場合も多いようです。

ご飯はのりを巻いてスティック状にしたり、柔らかいお野菜スティックを用意するなど、どんな工夫をしたらお子さま自身が進んで「手づかみ食べ」を楽しめるか、色々と試してみてください。

一番大切なことは、親子で楽しむことです。

試行錯誤しながらお子さまとコミュニケーションを深めることが、安心・安全の基地の土台となります。このとき、「手指を使わせる」という気持ちではなく、どんな活動だったらお子さまが進んで手指を使いたがるかを最優先に考えてみることがポイントです。

「パパやママのようにお箸が使えるようになりたい」「ボールペンを使いたい」と、お道具を使うことにも少しずつ興味が湧いてきます。

最初はうまく使えずにイライラしたり、危険な使い方をして怒られたりと、お道具の取り扱いに親子でストレスを感じる時期かもしれません。

こんなときは、少しずつお子さま専用のお道具の準備を始めてみましょう。

持ちやすいバターナイフと、小さなまな板があれば、「おやつのバナナを自分で準備する」環境を整えることができます。

「自分でする!」という意欲に満ちたお子様にとって、自分で切ったバナナは格別の美味しさのようです。

最初は、二人羽織のように後ろからそっと手を添えて、自分で切る感覚を味わってもらうところから始めましょう。

体の発達は、内側から外側に向かっていくため、最初は肩を動かして切ろうとするかもしれません。肩・肘・手首の順に安定していくプロセスを感じて、お子さまの変化を楽しんでください。

手指が洗練されるのは、手首が安定してからです。焦らず、ゆっくりとお子さまのペースを見守ってくださいね!

201101バナナを切る_イメージ画像

バターナイフを選ぶポイント

長すぎず握りやすい持ち手のもの、ナイフの刃とみねが見た目でわかりやすいものがおすすめです。

バターナイフ用のまな板を選ぶポイント

大きすぎず、適度な重さと厚みのあるもの、運びやすくしっかりとしたものがおすすめです。

オススメのまな板:木製カッティングボードS(ボヌール)

★2020年10月1日★

台所モンテのすすめ​

教育改革によって、今年の春から小学校で新しい学習指導要領でのカリキュラムがスタートしました。

この改革の基礎にある考えは、これからの教育は、私たち大人が知っている知識を伝授するだけでは不十分ということです。

改革前の教育を受けてきた私たちに、何ができるのでしょうか?

グローバル化、情報化が進み、ますます複雑化していく社会では、与えられた知識や流れてくる情報の活用だけでは成り立ちません。

一人ひとりが自分のもつ力を存分に発揮し、他者と目標を共有して知恵を出し合い、良さを生かし合い、より良いものや新たな価値を創造するようなことが求められる時代です。また、人工知能などの技術革新に伴い、知識などの「認知的能力」よりも、「非認知能力」に対するニーズが高まってきました。

「非認知能力」とは、読み・書き・計算などの「認知的能力」ではない力、IQなどのように数値で測れない能力のことをいいます。例えば、やり抜く力、自己肯定感、他者への配慮、コミュニケーション能力、創造力、論理的思考力、集中力などが該当します。

そもそも、「非認知能力」という概念が世に知られるようになったきっかけは2000年にノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・J・ヘックマン教授らによる40年間の追跡調査「ペリー就学前教育プロジェクト」という研究からでした。

それによると、いわゆる暗記型の「早期教育」を行って高いIQを得たとしてもそれは短期的なものだというのです。数年後には早期教育を受けなかった子に追いつかれることが明らかになりました。

さらに、幼児期に質の高い教育・保育を受けて「非認知能力」を育んだ子どもは思春期以降の基礎学力だけでなく、成人してからの仕事や生活へも高い成果を得ていました。それはもう、幼児期に「非認知能力」を育まないわけにはいきませんよね!

「非認知能力」は普段のあそびや生活の中で育むことができます。

必要なことは、その子自身が好きなことに夢中になれる環境と、それを尊重してもらえる経験です。

モンテッソーリ教育でも尊重している「自分でできるようになりたい」という意欲をサポートすることが「非認知能力」を育むことにつながるのです。

幼児期の子どものおうち時間は、保護者のサポートが不可欠ですね。

その保護者が長く過ごす場所は「台所」ではないでしょうか?

台所しごとを見ているだけでも、子どもは「段取り」を学んでいます。

取り扱う食材は、全て本物です。

自然で美しい色や形、様々な感触、香り、味わい・・・

たくさんの五感刺激も楽しめます。

生きる力の基礎である「食」をつくる「台所」は、子どもたちにとって魅力的な場所なのです。

「マヴィのだいどころ」は、台所を拠点にした「お子さまとの学び」を楽しむためのお役に立ちたいと思っております。

プロフィール

まーりんコラム

モンテッソーリ教室 マヴィのおうち

代表 桑原眞理子

 

・日本モンテッソーリ教育綜合研究所認定 3−6歳教師

・日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ     

大学卒業後、食品メーカーを中心に商品開発·マーケティング職に従事。「こども哲学」との出会いをきっかけに子どもの斬新な発想に魅せられ、子どもの力を社会に届けたいという想いからモンテッソーリ教育を学ぶ。幼児期の経験がその後の人生の基盤となることから、モンテッソーリ教育のエッセンスをご家庭に楽しく取り入れていただくための情報発信・コミュニティづくりに取り組む。

column...②食育コラム

★2020年10月15日★

料理は五感を刺激する

教育改革によって、今年の春から小学校で新しい学習指導要領でのカリキュラムがスタートしました。

この改革の基礎にある考えは、これからの教育は、私たち大人が知っている知識を伝授するだけでは不十分ということです。

改革前の教育を受けてきた私たちに、何ができるのでしょうか?

木々の葉が色づき始め、空気が乾燥してきました。
はじめまして、「めぐみも。キッチン」の五味佳奈子です。
今月から「マヴィのだいどころ」でレシピを掲載することになりましたので、ご紹介するレシピに合わせてコラムをお届けしたいと思います。

今月は初回ですので、マヴィのだいどころの考え方を少しお伝えしたいと思います。
「食べる」ことは生きている限り一生続く「生きるための大切な営み」で、私たちの身体と心は「食べるもの」に大きく影響されます。
自分の命を支える「食」を受け身ではなく、積極的に、能動的に関わっていくことはとても大切な事なのです。
自分が食べるものを選んでいく、食べるものを自分で整えていく、そういう事を楽しめる力を子どもたちにも身に付けて欲しい、という思いでレシピを考えています。

楽しい事は続けられますが、大変なことを続けるのは、ちょっと難しい。続けられたことは、いつの間にか身に付いています。だから、大切なことは「無理をしないで楽しむこと」です。
子どもたちに「楽しい!」「もっとやりたい!」と思ってもらうためには「できた!」という達成感を感じてもらう事が大切です。
お母さん、お父さん、レシピの工程でお子さんに難しいと思われる部分は「一緒にやってもいい?」と言って手伝ってあげてください。
そして「きれいにできたね」とか「丁寧にできたね」など声をかけて一緒に喜んでください。
自分のやった事が認められると自己肯定感が育ちます。料理は自己肯定感を身に付けるのにとても向いています。

もう一つ、料理は五感を刺激します。
味覚…甘い、しょっぱい、酸っぱい、苦い、辛い、旨味など美味しさのポイントになります。
視覚…食材の色や形もそうですし、完成した料理をどんな器に載せるか、魅せ方も刺激になります。
嗅覚…食材の匂い、調理中に漂ってくる匂い、匂いの変化など。
聴覚…食材を切る時の音や、調理中のジュージュー、パチパチなどの音、食べた時の食感の音(ポリポリ、シャキシャキ、、、)など。
触覚…食材を扱う時の手の触感、食べた時の舌触りや食感(モチモチ、パリパリ、、、)など。
この刺激は脳に届き、フル回転します。
私は野菜を洗っている時などに、野菜の鮮やかな色やみずみずしさを感じると野菜のエネルギーが心に届くような感じで癒されます。心が元気になるようで嬉しくなります。
調理中、「赤い色がきれいだね」とか「いい匂いがするね」とか「どんな匂いがする?」とか五感に関わる会話をたくさんしてみましょう。お子さんの語彙力や表現力も伸びてきます。

今月のレシピは、ハロウィンに合わせて「かぼちゃパン」を考えました。
発酵時間なくすぐに、簡単に作れることを優先し、ホットケーキミックスを使っています。
潰したかぼちゃを生地に混ぜることで、モチモチ食感のパンになりました。かぼちゃの代わりにさつまいもを潰して加えると「さつまいもパン」にもなります。
ドライフルーツの他に、アーモンドやクルミなどのナッツ類を混ぜても美味しいです。
かぼちゃの黄色がきれいなパンに仕上がりますので、是非色もお楽しみください!

プロフィール

食育コラム

めぐみも。キッチン

代表 五味佳奈子

 

食コンディショニングアドバイザー・食育指導士・料理研究家

手打ち蕎麦と日本料理店を営む祖母の元に生まれ、親子3代で調理師免許を持つ。大学卒業後、広告代理店で外食企業の担当を機に再び食の世界へ没頭。OL時代から「健康を考える料理教室」を始め、結婚後は自宅で発酵食品などを取り入れた料理教室を開催、通算16年に及ぶ。外食企業や食品メーカーのメニュー開発、商品開発、レシピ提供、コンサルティング業のほか、子供の自主自立を促す子供料理教室も行う。「食事で心身のバランスを整える」「無理なく、楽しく、美味しい食事」をモットーに食生活の向上を考える。