1月の台所モンテコラムを更新しました。

★2021年1月1日★

食材のお買いものは学びの宝庫

日常生活を 学びに変えるヒント

スーパーマーケットは学びの宝庫です。

お子さまと一緒に店内に入ったら、知っているお野菜や果物を一緒に探してみてはいかがでしょうか?色の名前を覚え始めたら「緑色のお野菜はどれかな?」と探してもよいですね。
ものの名前と実物が一致するということは、区別できるということです。知性の原点は「区別」から始まります。区別ができるようになると、得意げになって「同じだね」を見つけることを楽しみ始めます。
そうやって素材に親しんでいくうちに、「これは大きいね」「太いね」「長いね」「重いね」・・・コミュニケーションを通して、量の概念楽しむこともできるようになっていきます。手を使って比べたり、分けたり、集めたり、合わせたりしながら、数学的精神を育んでいきます。

素材をしっかりと認識できるようになってきたら、プチおつかいを頼んでみましょう!最初は、指定したものをカゴに入れてもらうところから始めて構いません、お題は具体的でシンプルなものから、徐々に抽象度を高めていきます。

もし間違えても叱らずに!!なぜそうなったのかを聞きながら、臨機応変に対応する余裕が大切です。

ー続きをご購読いただくには、会員登録が必要です。ー