ママヴィについて

ママヴィは、コ·マザリングを土台として幼少期から自立と協働を育むコミュニティづくりに取り組んでいます。

ママヴィの名前に込めた想い

フランス語で「わたしの人生·私らしい生き方」を意味するMaivie

理念キーワードの頭文字であるM(a)を合わせた造語です。

【ママヴィの理念】

Mission Merci

ありがとうの気持ちがあふれる社会の創造

Marketing

マーケティング思考でコミュニティを形成

Montessori Method

モンテッソーリ教育に基づく共育環境づくり

Co-Mothering

コ·マザリング(母性の協働)

Profile

《沿 革》

 20188月 開業

 20191月 伊勢丹府中店 玩具売場内「おうちDEもんて」教室運営受託

       伊勢丹府中店閉店に伴い、20196月末で教室終了

 20198月 「モンテッソーリ教室 マヴィのおうち」オープン。

《事業内容》

 教育サービス

 教室主催 「モンテッソーリ教室 マヴィのおうち」

 マーケティングに関するアドバイス

 出張講師

 イベント·ワークショップ企画·運営

  ◼️ママヴィ 代表プロフィール

桑原 眞理子

コミュニティデザイナー・ファシリテーター

大学卒業後、食品メーカーを中心に商品開発·マーケティング職に従事。

「こども哲学」との出会いをきっかけに、子どもの斬新な発想に魅せられ独立。子どものマーケティング思考を育む体験型プログラム「6歳からのマーケティング思考レッスン」を開発し、ワークショップ等を実施。現在はモンテッソーリ教師として「モンテッソーリ教室 マヴィのおうち」を運営する傍ら、幼児からおとなまで幅広い世代を対象とした哲学対話のファシリテーターとしても活動。

・日本モンテッソーリ教育総合研究所認定 3-6歳教師

・NPO法人こども哲学 おとな哲学 アーダコーダ 理事 哲学対話ファシリテーター

・日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロ

Message

大小様々な企業の中で、商品開発やマーケティング職に従事して参りました。

企業の価値を生み出し、お客様に届けるお仕事を通じて、マーケティングの本質は【人と人とのつながり=コミュニティ形成】そのものだと肌で感じました。正解が一つとは限らない、探求し続ける世界です。

フランス映画「ちいさな哲学者たち」との出会いが転機のきっかけでした。就学前の子どもたちが繰り広げる哲学対話の世界が、私が探求してきたマーケティング活動に直結すると直感したのです。「子どもの斬新な発想には社会を変える力がある!」ということに気づいた瞬間でした。そこから、モンテッソーリ教育を軸に子どもの成長についても学びを深め、モンテッソーリ教師の資格も取得しました。

『子どもたちとマーケティングしたらどんなにか楽しいだろう』という想いから、ビジネスの現場経験とモンテッソーリ教育のノウハウを融合させたプログラム「6歳からのマーケティング思考レッスン」を開発しました。ママヴィが考えるマーケティングとは、「ありがとうの気持ちがあふれる社会」を創造するための手段です。子どもたちにも伝わる言葉で、五感を使って動きながら、秩序立てて考えていきます。

そして、「学校」という小さな社会に飛び出したばかりの小学生向けプログラムを開発する中で、その前の0歳から6歳までの知性の土台づくりが重要であることも実感しました。モンテッソーリ教育では、子どもたちが「自分で自分を発達させる」という神さまからの宿題をクリアするためにあそびやお手伝い、いたずらに夢中になると考え、そういった活動を「おしごと」と呼んでいます。ママヴィでは、この「おしごと」を、大人になってからの「お仕事」に無理なく繋げるためにも、ひとりひとりに備わっている「自分自身を育てるチカラ」が発揮できる環境を準備したいと考えています。そんな想いから、モンテッソーリ教室 マヴィのおうちを立ち上げました。モンテッソーリ教室 マヴィのおうちは、0歳から小学校低学年までのお子さまと保護者を対象にモンテッソーリ教育のエッセンスを取り入れた少人数制教室・共育コミュニティです。

モンテッソーリ教育の目的は、「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢をもった人間を育てること」です。子どもたちと向きあえる自分であるために、私自身がどうあるべきかも常に考え、生涯学び続けて参ります。

ありがとうの気持ちを込めて…

ママヴィ 代表 桑原眞理子