変化の激しい時代に、誰かがつくったマニュアルを覚えて熟すだけでよいのでしょうか?

ママヴィでは、モンテッソーリ教育のエッセンスを取り入れ、マーケティング思考で自ら変化を起こすチカラを育む環境を提供いたします。

マヴィのおうち

ママヴィでは、自ら変化を起こすチカラを育むために、モンテッソーリ教育のエッセンスを取り入れた共育コミュニティづくりを大切にしています。そのコミュニティ拠点として、2019年8月 東京都府中市にモンテッソーリ教室  マヴィのおうちをオープンしました。

共育コミュニティの環境づくりの土台として、100年以上の歴史ある「モンテッソーリ教育」のエッセンスを取り入れ、自ら変化を起こすチカラを育むために不可欠なマーケティング思考の素地を幼児期から育んでいます。

※マーケティング思考とは

 創造的思考(Creative Thinking)・批判的思考(Critical Thinking)・ケア的思考(Careing Thinking)・協働的思考(Collaborate Thinking)

子どもは自分のチカラで発達し、学んでいく

(自己教育力)

生まれたばかりの子どもは、何もできない存在のように見えるかもしれません。でも、赤ちゃんは誰かに教えられなくても自分の意志で寝返りをうとうと頑張ります。そのうちにはいはいで移動するようになり、つかまり立ちをして、やがては歩き出すようになります。

モンテッソーリは、「子どもは一人ひとりが自分で自分を発達させるという神さまからの宿題(生命の課題)をもって生まれてくる。」と言いました。そして、その宿題をクリアするために「あそび」や「お手伝い」、「いたずら」に夢中になると考えたのです。

子どもたちは、食べたり、眠ったり、運動したりすることで体中の筋肉や五感、さらには脳を発達させています。子どもの発達は「五感を通して、動きながら学ぶ」のです。

おとなの役割は教えることではなく、発達·成長に適した環境を用意すること

おとなは「子どもには自分自身を育てるチカラが備わっている」ということを忘れてはいけません。そして、そのチカラが発揮できるように子どもの発達に適した環境を用意し、子どもと環境を結びつけるように援助することが大切です。

では、自分自身を発達させる環境とは何でしょうか?それは、モンテッソーリ教育のノウハウに詰まっています。

ママヴィで大切にしている、母語(日本語)の言語教育

日本に暮らす私たちは、日本語で考え、日本語で表現し、日本語でコミュニケーションを取りながら、日本の文化の中で生きています。ママヴィでは、母語によって知性を育み、自国の文化を受容・伝承する力を土台に、新たな文化を創造することこそがこれからのグローバル社会で生きる子どもたちに求められていると考えています。

そこで、年少学年(3歳ごろ)から『こども哲学』の時間も取り入れています。まずは、実物に触れ、感覚を通して運動しながら展開する対話から、少しずつ抽象的な概念を対話を通して仲間と深めていけるように、スモールステップで取り組みます。

ママヴィについて

ママヴィは、モンテッソーリ教育のエッセンスを取り入れ、マーケティング思考で自ら変化を起こすチカラを育む環境を提供いたします。

モンテッソーリ教室『マヴィのおうち』

自ら変化を起こすチカラを育むために、モンテッソーリ教育のエッセンスを取り入れた 共育コミュニティづくりを大切にしています。 そのコミュニティ拠点が「モンテッソーリ教室 マヴィのおうち」です。

モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育は、100年以上前にイタリアの女性医師マリア・モンテッソーリ(1870-1952)が考案した教育法です。現在は世界中に広がり、Google・Amazon・Facebookの創始者や、将棋棋士 藤井聡太7段などが受けていたことでも注目を集めています。

イベント・ワークショップ

未来を描く「想像力」とそれをカタチにする「創造力」。それは良質で多様な学びにふれることで育まれます。ママヴィではnonowaラボへの参画をはじめ様々なイベントやワークショップを開催しております。

Ma-Mavie(ママヴィ)

  • 042-407-6179
  • 090-4122-0664
  • mavie.philo@gmail.com
  • 〒183-0055
    東京都府中市府中町2丁目

※詳細は個別にお伝えいたします。

facebook

twitter

instagram